[サレタガワのブルー] 71話の考察、ネタバレ、感想 無料クーポン

サレタガワのブルー7巻の表紙 未分類

ようこそいらっしゃいました。
管理人です。

このページでは
[サレタガワのブルー]
の71話 [妻 VS 愛人2]について記載します。

単行本の7巻に収録されています。

注意

本サイトでは[サレタガワのブルー]の内容すべてのネタバレを記載していません。
[サレタガワのブルー]の面白さをお伝えし、皆様の購入の一助になれば、と思っています。
漫画は絵で読むからこそ面白い!是非作品を購入し、この面白さを体感してください。

サレタガワのブルー7巻の表紙

71話のネタバレ

場面は職場の資料室。
森 和正(もり かずまさ)と腕を組む高橋 ともみ(たかはし ともみ)と田川 藍子(たがわ あいこ)。

藍子に完全勝利した高橋。
資料室を先に2人で出ます。

その後の会話。

電気も消された資料室に残された藍子はほっといて2人の世界ですね(笑)

いろいろと藍子に話した高橋でしたが、和正にとっても初耳な話があったようですね。

藍子と付き合ってたことを知られていたなんて、びっくりですよねぇ。

それに対しての高橋の気持ちが語られていましたね。

昼休みが終わり、席に戻った高橋でしたが、受付にお客さんが来ていると連絡を受けます。

来てしまいました!

鬼と化した嫁が!!

藍子のチクリによって、バレてしまったのは間違いないですね。

藍子のかすかな復讐が実を結んだんですね。

しかし梢さんも行動が早くなりましたね~。

即日行動です。

でも、尾行とかもすぐやってましたっけ…。

最初から行動力がすごかったということか。

結婚もデキ婚ですしね…。

そして妻 VS 愛人2 の修羅場が始まりました。

ものすごいプレッシャーを掛ける妻の梢。

蛇に睨まれた蛙のような高橋(笑)

しかしここで高橋の母になる、という覚悟が高橋に力を与えましたね。

母は強し、です。

そして高橋が信じられない行動に出ます。

すごいですね、高橋。

これは見事、というのかな?


【無料試し読みはこちらから】

クリック!

コミックシーモアはこちら

71話の感想

高橋は藍子と違って覚悟がありますよね。
しかもちゃんと考えていたし。
辛抱強くもある。
意外と良い女性なんだと思うんですけど…。

なんで和正なんだぁ~、と声を大にして言いたい。
藍子には地味とか思われてるかもだけど、結構カワイイと思いますよ?
家事が出来るかどうかは分からないですけどね。
部屋はキレイに片付いていたように見えましたけど。

そう言えば、暢が藍子に作ったお弁当のことを話していた時に、得意じゃないみたいなこと言ってなかったっでしたっけ?


そしてついに始まった梢 VS 高橋。
梢さんは強くなりましたね~。
めっちゃ睨んでましたよ。

最初はビビっていた高橋でしたけど、持ちこたえましたね。
藍子と違ってちゃんと覚悟を持っていたし、シミュレーションもしていた成果が出ましたね。

なんかそこまでしっかり出来るなら、愛人とかじゃなくて普通に恋人出来ると思うんですけどねぇ…。
ホント不思議すぎる。
和正…あなたの何が良いんだ?


【無料試し読みはこちらから】

クリック!

コミックシーモアはこちら

関連記事

70話のネタバレはこちら

72話のネタバレはこちら

タイトルとURLをコピーしました